グラッドスタジオ 川崎の一級建築士事務所

ご相談窓口 044-244-8862 月~土 8:00~19:30 日・祝日 9:00~19:00 お急ぎの方はこちらまで 090-2311-1041(7:00~22:00)

よくあるご質問

よくあるご質問

弊社によくいただくご質問をQ&A形式でご回答しています。ここに掲載されていないご質問はお問い合わせフォームからお問い合わせください。弊社スタッフよりご回答いたします。
※ご質問の種類によってはお時間をいただいたり、ご回答ができない場合がございますので予めご了承ください。

設計や進め方について

どのような家がよいと考えていますか?

住宅はトータルバランスが大切だと思っています。
トータルバランスとは、お客様の予算を重視して機能性・省エネルギー性・耐震性・劣化しにくいことを考えた設計です。
竣工した時の綺麗さだけでなく、10年以上経ってもお客様に満足していただける家が良いと思っています。

工務店ですが、設計だけお願いできますか?

弊社は、お客様のご都合に合わせて必要な分だけ設計依頼ができます。
建築確認申請を提出する際には、工事監理者を弊社とするのか御社で行うか決めていただきます。

木造住宅なのに構造計算は必要なのですか?

「4号特例」と呼ばれる一般的な木造2階建てならば、構造計算書を建築確認申請書として提出する義務はありません。ただし、設計者は構造計算をしなくて良いというわけではありません。
「4号特例」はいつ廃止されるかわかりませんし、近年の地震に対する不安から、弊社ではしっかり構造計算をおこないます。

耐震性は大丈夫ですか?

一般的な設計事務所では構造設計は他社に外注し、設計料も別になるケースがありますが、弊社は自社で構造設計を行い、構造一級建築士によりチェックをしていただくことにしています。よって、コストを抑えつつ耐震性も確保していきます。

工務店ですが、お施主様と直接打ち合わせてしてもらえますか?

もちろん、可能です。こちらから出張打ち合わせする場合は1万円/回となりますが、弊社にて打ち合わせする場合は無料です。
御社の工事予算を大きくオーバーしないようにお施主様のイメージする空間を造ります。

どうしたらファーストプランを出してもらえますか?

お問い合わせフォームにご入力いただくか、直接ご連絡ください。こちらから、ヒアリングシートをお送りしますのでご記入いただきます。受領後、こちらから電話で要望をヒアリングします。
敷地測量図を送っていただけたら正確な設計ができますが、不動産業者様のチラシしかない場合は不確実な設計となる可能性があります。

Step1のファーストプランはどのようなものが出てきますか?

お客様の要望をしっかりとお聞きしますので、工事予定金額を大きくオーバーしない提案をします。省エネ・耐震・劣化について考えたバランスの良い設計を心がけます。
よって、単に奇抜な案を求めている方には不向きかと思います。
Step1で提出されたファーストプランがどうしても不満で返金を希望されることであれば、直接来社いただき不満な理由を指摘いただければ初期費用(2万円)を返金いたします。

step1や2で終了して、もらった図面を参考にして工務店に建ててもらっても良いですか?

はい。著作権云々は申しませんので、ご参考にしていただけたらと思います。
ただし、最終的な法チェックは必要です。

フラット35Sや長期優良住宅の設計はしてもらえますか?

はい。数多く経験しているので可能です。
フラット35Sの場合は適合証明書であり、長期優良住宅は適合証までの受領となりますので、その後、実際に補助金を受け取る申請は工務店様にお願いします。

直接打ち合わせはしたい場合は、どうしたらいいですか?

スカイプまたは弊社での打ち合わせは、費用は掛かりません。こちらから出張打ち合わせする場合は1万円/回(東京・神奈川以外は交通費別途)とさせていただいています。

費用について

ざっくりとした設計監理料を教えてください。

木造2階建て、床面積120㎡以下の戸建住宅であれば「いつでもやめられる段階設計システム」を利用して、建築確認申請まで43万円です。(構造設計及び天空率を含む)
これに実施図面作成と現場監理をいれると、おおよそ100万円となります。

「設計監理料は工事費の10%~」とある設計事務所に比べ、設計監理費が格安ですが大丈夫ですか?

工務店様や不動産業者様が、設計事務所に依頼する場合は、弊社の価格よりも安く請け負っている場合もあります。よって、造作建具や造作家具を少なくして、オーダーメイドのキッチンを設計しないことであれば、価格相当だと考えます。(詳しくはこちら)
もちろん、造作家具やオーダーメイドキッチンを設計する力もありますので、ご要望があればきっちり対応致します。

何故、実施図面は追加料金なのですか?

弊社では、平面詳細図、矩計図、展開図、建具表、空調換気図、電気図関係を実施図面と呼んでいますが、これらは工務店様や不動産業者様の現場方針よって必要度合いが変わってきます。よって、個人のお客様においては、各種図面の内容を詳しくご説明させていただいた上で図面の取捨選択をできるようにしております。

設計・監理料やオプション費用以外に含まれないものを教えてください。

含んでいないものとしては、測量費、地盤調査費、建築検査機関に支払う審査手数料です。
現場監理や遠方打ち合わせ(東京・神奈川以外)は、交通費実費が掛かります。

費用の支払い時期を教えてください。

「いつでもやめられる段階設計システム」をはじめてご利用いただくお客様につきましては、初期費用2万円をご入金いただいてからstep1の平面図作成にはいります。
基本的には、各stepに進む前段階で入金いただき設計を進めます。

工事費用が増えることはありますか?

弊社は、いくつかの工務店様とご協力させていただいている経験数値から、相場となる概算工事金額をおおよそ把握しています。
個人のお客様であれば、おおよその計画が決まった時点で概算金額をお出し、予算内に納まっていることを確認した上で実施設計に進みます。